災害対策(台風対策)

屋根を、家を、家族を守る

西 瓦創設の扱う石州瓦は災害、震災で絶大な力を発揮します

1. 耐風性能

夏から秋の台風、冬の季節風と日本は毎年強風による建物の被害が多く発生します。
屋根の飛散、屋根材の飛散も毎年起こっています。

屋根の基本性能2番目の項目耐風性能。平成13年、日本で初めての「耐風性能を示す基準風速=屋根が持つべき耐風性能基準」が決められました。日本各地の屋根の基準風速がまとめられたのです。

ごらんの地図のように、日本各地は、最低で風速30m/S、最高で46m/Sの9段階の風速が示されました。例えば表中紫色の沖縄県の基準風速は46m/S。これは沖縄の屋根は、風速46m/Sの強風でも飛散しない性能を持たなければいけないということです。

皆さんの地域はどうですか、地図を見てぜひ調べてください。

全国基準風速マップ

基準風速とは?

基準風速は2000年の建設省(現国土交通省)告示第1454号で定められたもので、地図のように30m/s~46m/sの範囲で区分され、日本各地の行政単位ごとに定められています。
これは各地で観測された台風の最大風速(10分間の平均風速の最大値)をもとに50年に一度の大型台風を想定して定められたものです。

2.耐震性能

重い屋根は地震に弱い。阪神大震災以降、今でも言われています。

単純に考えれば、トップが重い「頭が重く足が軽い」モノは、確かに大きく揺れます。しかしモノは住宅であり建築物です。人間もそうですが、足腰が鍛えられた肉体こそ力強く強靭な体躯の持ち主といわれるように、住宅もまた足腰(壁)の強靭な構造こそが強くて地震に負けない、風に負けない。それが建築物の強さの基本です。

2004年、全国の瓦屋根業界(瓦メーカー・工事店)が集まって、瓦屋根の耐震実験を行いました。屋根の設計施工ガイドライン工法に基づき実物大の屋根を造り、阪神・淡路大震災クラスと予想される東海大地震を想定した地震を再現、地面よりも高い屋根部分に伝わる「増幅された揺れと力」を加えた厳しい条件下での実験です。

結果として、阪神・淡路大震災クラス(M7.2)と予想される東海大地震(M8)のパワーにも負けないことが証明されました。

実物大の耐震実験(2004年10月)

実物大の耐震実験(2004年10月)

ガイドライン工法で施工されたJ形、F形の屋根の耐震実験。震度7の揺れに対して安全であることが確認されました。(株式会社間組技術研究所試験)

棟の耐震試験

棟回転加力試験

棟回転加力試験
(瓦屋根標準設計・施工ガイドライン)

回転式の棟の耐震試験

回転式の棟の耐震試験。試験結果では1G(980ガル)のカロ速度でも崩れませんでした。

3.耐久性能

酸性雨にも強い石州瓦

森林破壊や農作物の不作、水や土壌の汚染など日本を取り巻く環境破壊は、今や深刻の極みです。
その原因はズバリ大気汚染、CO2です。

日本はCO2対策が進んでいる先進国といわれますが、大陸から流れてくる窒素酸化物は減りそうもありません。排気ガスを吸収し酸性化した雨は、森や田畑、河川、街並み、そして住まいの屋根、外壁、庭などに被害を及ぼします。 これからの住まい造りは酸性雨対策も必須です。

pH値の内訳

※pHとは水分に含まれる酸性・アルカリ性の度合いを示す値

pH値の内訳

4.防水性能

基本性能の1番目にランクされる屋根の防水性能。住宅もふくめ建築物の最大の敵は水。雨からいかに住まいを守るか。これが快適で丈夫で長持ちする住まい造りの基本です。特に日本は、先進国の中でも降雨量は多く、平均的な年間降雨量は1500~2000mm。多いところで4500mm以上にも達します。屋根は、雨から住まいを守る最前線の役割を担っています。

送風散水試験

ASS12送風散水試験

ASS12送風散水試験

石州瓦は屋根の防水性能を検証するため、ごらんの「送風散水試験」と「透水試験」を実施しました。送風散水試験は石州瓦で葺いた屋根自体の防水性能を、透水試験は石州瓦本体の透水性能を測る試験ですが、いずれも高い性能を示すことが出来ました。

強風を伴う降雨に対する瓦の水密性(防水性)を確認する試験が送風散水試験です。試験体に一定の量の水を放水すると同時に送風をはじめ、15分間の経過の後、試験体の裏面への水の浸入量を測定します。

今回の試験では、下記の水量と風速を想定して行いました。
ASS12送風散水試験

散水量 2.4月L/分。時間降水量に換算して144mm/hを想定
風速 20.5m/S。降雨時最大風速を想定
屋根勾配 4.5寸

試験結果
石州瓦の水密区分はII-1

判定基準 屋根葺き材の水密区分
水漏れがないこと I
強風雨浸水量が10ml/分以下 II-1
強風雨浸水量が100戚/分以下 II-2
上記以外のもの II-3

建材試験センター試験

5.施工性能

施工性能

いままでは、屋根に求められる6つの基本性能と石州瓦の品質について説明してきました。ここからは屋根に求められる5つの二次的性能と石州瓦の性能です。

屋根の二次的性能には、断熱性能、防露性能、防音性能、発生音遮断性能、耐熱伸縮性能の5つがあります。

先の基本性能と違い、性能を表示する必要は今のところありませんが、これら二次的性能は、住まいの快適性や省エネ性を左右する大切なものばかりです。

災害で起きる屋根のトラブル

屋根、瓦のトラブル(災害)の代表格である下記の災害について説明したいと思います。
瓦選びの参考にして下さい。

1.台風により起こる屋根のトラブル

台風により起こる屋根のトラブル

広範囲にかつ大きな被害をもたらす災害の代表格が台風。平成16年は、10個の台風が上陸し、南(沖縄地方)から北(北海道)まで日本全国で被害が出ました。瓦(屋根)は強い風に煽られ飛散したり、風と一緒に吹き込んだ雨が屋根の中まで入り雨漏りをしたという事例が沢山あります。屋根ごと飛ばされるような事例は別として、瓦が飛散しないような事前の対策が必要かと思います。

まず瓦選び。
“強い風に対してこの瓦はどのような工夫がされているか?”
がポイント。

次に、施工(葺き方)ですが、各地域の気候風土に合った工法に違いがあるので施工される瓦施工店の方に尋ねてみてください。

2.地震により起こる屋根のトラブル

地震により起こる屋根のトラブル

東日本大震災をはじめ、ここ数年日本各地で大きな地震が発生しています。地震は、発生する場所、時間や規模が事前に分からないため、常に身構えておくわけにもいきませんが、屋根(瓦)に対しては事前に対策をとっておくことが出来ます。

建物(住宅)で地震による被害に遭う場所の多くは棟部分です。一番高く不安定な場所にあるため棟が崩壊している事例が多いようです。また、外観上棟が崩れていないのに雨が降ったら雨漏りがしたというようなこともあるようです。

棟を崩壊しにくくするには、棟に使われる瓦(のし瓦)が“地震がおきても抜け落ちないような工夫”がされているか。それにのし瓦を留め付けている方法。棟土といって棟の中に土台としてや、形を作るために使われ、のし瓦を留めつける役割のあるものですが、どのようなものが使われているか?また、どのような方法で留めつけているかがポイントです。

3.大雪・寒波により起こる屋根のトラブル(雪害・凍害)

大雪・寒波により起こる屋根のトラブル(雪害・凍害)

自然の厳しい条件から私たちを守ってくれているのは家です。その中でも屋根(瓦)は一番厳しい状況に置かれています。その厳しい条件の一つに雪(寒さ)があります。その雪(寒さ)に耐えてこそ瓦の役割を果たしてくれているのではないでしょうか。

雪が多く降る地域では、屋根(瓦)の上に沢山の雪が積もりその重みで瓦が割れることがあります。※雪害

また、雪が降らなくても厳しい寒さになり瓦の表面が剥げたり瓦が破損するようなことが起こります。※凍害

このような雪害や凍害が起きにくい瓦選びが必要です。まず、硬くて強いこと。そして、焼き締まって水を吸いにくいこと。これがポイントです。凍害の仕組みは、瓦の中にしみこんだ水が氷になろうとするとき膨張をするため、瓦の表面が剥げる等の破損をするのです。瓦製造の基本的なことですが、高い温度で焼き上げた瓦は水を吸いにくく硬く焼きしまります。

4.塩害

日本は海に囲まれた島国です。私たちはその海によって沢山の恩恵を受けています。
しかし、その海の水によって屋根(瓦)に影響が出ることがあるのです。

海水の中に含まれる塩分等によって、瓦素地の中にある鉄分が錆びることで、瓦の形が崩れていくことがあります。※塩害

重なり部分、瓦裏面がぼろぼろ

重なり部分、瓦裏面がぼろぼろ

孔が空いている

孔が空いている

重なり部分がボロボロになっている

重なり部分がボロボロになっている

台風や強い風によって海水が運ばれ屋根(瓦)に降り注がれ付着します。それが繰り返され瓦の中に染み込んだ海水と瓦の成分が反応して分解されていきます。四角い形をしていた瓦が少しずつ形をなくしていき、雨が降ったときに雨漏りがして気づいたという事例もあるようです。

瓦選びのポイントとして、瓦の原料の粘土に鉄分等が多く含まれているかどうかです。焼き上がった瓦の素地(瓦表面に釉薬等がついていないところ)が赤いものは鉄分が多く、白いものは鉄分が少ないと判断できます。

※ 塩害の要因が鉄分だけとは限りません。ひとつの目安とお考えください。

屋根の耐震補強と耐震工法を取り入れた屋根修理を

地震で崩れた瓦の補修・葺き替え・下地修理

まず、躯体と下地のチェックをします。
そして、古瓦の撤去、使えるモノは再利用します。
耐震工法で補強も行います。

台風で飛んでしまった屋根瓦補修・葺き替え・防水処理

飛んでしまった古瓦を回収し、防水シートをチェックします。
雨漏りの原因となる雨樋も念入りにチェックします。

突風により飛んでしまった屋根瓦の補修・葺き替え・修理

飛んでしまった屋根瓦、屋根材を回収し補修します。
雨樋や軒天などのチェックも行います。

竜巻により飛んでいった屋根瓦の補修・葺き替え・下地修理

竜巻にあった場合は、ほぼ葺きなおしになります。
下地をチェックし、古瓦を回収し補修します。

台風対策!災害対策なら、屋根のプロ「西 瓦創設」にご相談下さい。

西 瓦創設は「誰かに紹介したくなる仕事」を目指し、実践します。
当社は、屋根瓦工事&屋根瓦葺き替え工事や雨漏り補修「建物の長寿命化」のプロです。

もちろん、お見積り、建物劣化調査、ご相談は「無料」です。

鹿児島で屋根瓦工事&屋根瓦葺き替え工事や雨漏り補修は、西 瓦創設へご相談下さい。